So-net無料ブログ作成

いっこさん、どうぞ安らかに [日常]

いっこさんは、バリバリのキャリアウーマンとして働いていた矢先に
体調不調から病院で診察、スキルス性胃がんで突然余命3ヶ月を宣告されました。

こちらのブログはいっこさんの一生懸命生きた命の記録です。
http://www.e-avanti.com/mitemite/ikuko/

私がいっこさんを知ったのは、去年の秋ごろ「エチカの鏡」という番組の中で
紹介されていたのがきっかけでした。
余命3ヶ月を宣告されていたけれど、そのときすでに宣告から3年半、
闘病しながら、ご自分より年老いたお母様を気遣いながら生きておられて
一緒にドライブしたり、お食事に行ったり、パッと見た目には顔色も良くて
とても余命宣告を受けた方とは思えないほど元気に見えました。

上で紹介したブログを見つけたとき、
収録での元気な笑顔の背景には、薬の副作用や倦怠感と闘っておられたことを知りました。

お母様より先に旅立つかも知れない自分のことを
心配ばかりかけてごめんと謝りながらも、
いつ来るか分からない時限爆弾を抱えて「負けたらアカン精神」で生き抜く姿を
ブログに綴っておられました。

大震災のあとは
「日本がこの苦難を乗り越え 力強く立ちあがって 復興する姿を見続け 見届けたい
生きて 私も生き抜いて 少しでもその役に立ちたい」
と書かれていました。

残酷な現実と向き合いながらも、目標を立てながらチャレンジしては生き抜く姿を、
読者として陰ながら見守ってきました。
今年5月に入ってからは体調が思わしくない様子で、
祈るような気持ちでブログの更新を待っていましたが、
7月31日に旅立ったことを、姪御さんが代筆されていました。

同じ病で苦しむ方や闘病を支える家族の勇気と希望になっただけでなく
その前向きに生きる姿でたくさんの人を励まし続けたいっこさん、
長い闘い、心からお疲れ様でしたと言いたいです。

人はいつか、遅かれ早かれなんらかの形でいつかその日を迎えますが
命ある限り、力の限り生き抜かないといけないのだと教えてもらいました。

今はただ、ゆっくりお休みくださいね。
心からご冥福をお祈りいたします。
ありがとうございました。

※コメント欄はあけておきますが、週末不在のため
 まとめてのお返しになることをお許しくださいm(_ _)m
nice!(44)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 44

コメント 19

風のリボン

いっこさんのこと知りませんでした。
立派に日々を生き抜いた軌跡、少しだけ拝見しました。
あちらで、穏やかな日々を過ごせますよう・・・。
前のブログの記事、不思議で温かいお話ですね。
実は、私も不思議な経験があるので、
何だかすぐにコメントできずにいました。
人生には辛いことも、楽しいことも、不思議なことも
たくさん詰まっていますが、
あ~生まれてきて良かったと思いたいですね。
by 風のリボン (2011-08-06 12:08) 

perseus

こんばんは。
いっこさんのブログのサイトへ行って内容を拝見しておりました。
気が付くと小1時間ほど、涙も出てきて・・・
本当に偉大な方です。
生きるということとは?という難題のアドバイスを受けたような
感じがしました。
引き続き、過去ログを読んでみたいと思っております。
by perseus (2011-08-06 20:57) 

下総弾正くま

恥ずかしながらいっこさんのことはこの記事を見て初めて知りました。
自身が余命3ヶ月と宣告された病気を抱えながら、日本の復興を見届けたいなんてなかなか言える言葉ではないです。
これだけで尊敬に値する方ですね。
ご冥福をお祈り致します。
by 下総弾正くま (2011-08-07 00:47) 

博多通りもん

いっこさんのブログを拝見して胸が締め付けられる
思いが。
自分がもし逆の立場なら人や家族に気づかいができるのか・・・。
自信がありません。
福岡にこんな方がいらしたんですねぇ。
by 博多通りもん (2011-08-07 06:47) 

メロディー

いっこさんのブログ少し拝見させて頂きました。
読んでいくうちに切なくなってしまいました。
絶望の中でここまで前向きに小さな目標を立てて
進んでいけるなんて、すごい精神力の持ち主だと
思いました。
まるさんのブログを通していっこさんのことを
知り、そしていろんなことを考えさせられたように
思います。





by メロディー (2011-08-08 20:20) 

プースケ

こんばんは。こちらで思いがけず、いっこさんの記事を拝見して
とても驚いています。エチカの鏡は私も見ました。たくさんの方が
感動されると共に命のことを考えられたと思います。いっこさんは
以前お世話になったことがあり、いつも前向きで素敵な方でした。
一緒に鍋を囲んだのもとても懐かしい思い出です。
心からご冥福をお祈り致します。
by プースケ (2011-08-08 20:44) 

sunset

こんばんは。
いっこさんことは初めて知りました。
自分が余命宣告をされた時に
こんな風に生きていけるとは
思えないです。
by sunset (2011-08-08 23:26) 

まる

皆様、コメントありがとうございます!
いっこさんのこと、私もまだ1年足らずしか知りませんが、
強い意志さえあれば、やり遂げられるんだなぁってこと、教えてもらいました。

まとめてのコメントお返し、、と書きましたが、お一人ずつ返信させていただきます!
by まる (2011-08-09 00:28) 

まる

風のリボンさん
こんばんは、いっこさんのブログ読んでくださってありがとうございました。
風のリボンさんも「虫の知らせ」?的な体験がおありなのですね。
私、こうやってブログで記事にするまで、
不思議なことだとはまったく思ってなくて、両親ならそういうこともあり得るなと
自然に受け止めていました。
大切な方がどうしても何かを伝えたくて、こうやって現れることって
あるんでしょうね。私ももし逆の立場なら、夢に出るかな、
だって、起きてるときに本人の前に立ったら驚愕されてしまうもの(笑
あ、話しがそれちゃったかも。
ほんと、最後は色々あったけど、いい人生だったなって思いたいですね。
by まる (2011-08-09 00:36) 

まる

perseusさん
お忙しい中、いっこさんのブログを読んでくださってありがとうございます!
時間が本当は誰にとっても有限で、とても大切なもので、
一生懸命生きていかなきゃいけないということを
しみじみ教えてもらいました。
私のような感銘を受けた(隠れ)読者が全国に何千人何万人といると思います。今はただ、本当にお疲れ様でしたと伝えたい気持ちでいっぱいです。
by まる (2011-08-09 00:49) 

まる

下総弾正くまさん
私だったら、余命数ヶ月って言われてしまったら・・・・想像もつきませんが
神様っているのかしら!と絶望の淵に立たされるように思います。
毎日、小さなことで悩んだり後悔したりする日々ですが
その日々すら、当たり前にあることが幸せなんだと思うようになりました。
ほんと、尊敬に値しますよね。。
by まる (2011-08-09 00:58) 

まる

博多通りもんさん
いっこさんのブログを訪問してくださってありがとうございました!
自分だったら。。。って置き換えて考えてしまいますよね、
でもやっぱり想像はつかないのですが、
自分のことに精一杯で、周りに目が向けられないかも知れないです。
本を出版したり、母校での講演もされたりと、
人はこうしようと念ずれば、かなうものなのだなぁと思いました。
by まる (2011-08-09 01:01) 

まる

メロディーさん
小さな目標を立ててかなえていくことで、命をつなげていると
書かれてました。
今の私には(もちろんメロディーさんにも)まるで無限のような時間が目の前にあるような錯覚がありますが、一日一日を大切に過ごさないといけないなって思います。。
ここまで強い精神力で生き延びられるか、自分は自信がないですけど^^;
by まる (2011-08-09 01:02) 

まる

プースケさん
いっこさんに、じかにお目にかかったことがあるのですね。
私はテレビとブログでしかいっこさんを知らないので
こうやって記事にすることをちょっと躊躇いましたが
少しでもいっこさんの生き様を知っていただけたら。。と思いUPしました。
私も他の方々と同じく、いっこさんからたくさんのことを教えてもらいました。
一度もコメントなどを残したことはありませんでしたが、
色々なことを考えさせられ、陰ながら応援していました。

訃報に接し、とても悲しくて残念な気持ちでいっぱいになりましたが
辛い闘いはもう終わったのだから、安らかに過ごしていただきたいと
思います。心からご冥福をお祈りいたします。
by まる (2011-08-09 01:07) 

まる

sunsetさん
私も同じく、余命宣告されてこんなに気力を保てる自信が無いです。
自分のことで精一杯で、悲観して周りが見えなくなりそうです。
生き延びたいと強く願うことが、様々な苦難を乗り越える糧になるんだと
思いました。
by まる (2011-08-09 01:10) 

ponnta1351

いっこさんの事知りませんでした。

毎日を惰性で今まで生きて来たことが恥ずかしいです。

余命宣告を受けた方たちは、与えられた貴重な時間を大切に、有意義に過ごされますね。

その力は想像の域を超えて居ます。

私がもしそのようになったら、きっと、ショックで何も出来なくなるのではないかと思います。

この年になった今、本当は心して毎日を過ごさなければならないのに、何とも情けない過ごし方か・・・反省しきりです。
いっこさんのご冥福をお祈りいたします 合掌。
by ponnta1351 (2011-08-09 15:04) 

kuwachan

こんばんは。
いっこさんのこと初めて知りました。
今ちょっと覗いてきましたが、凄い方ですね。
同じような立場に立たされた時に自分がどうなるのか想像できませんが
いっこさんのように生きる自信は全くありません。
最期までしっかりと生き抜いたいっこさん、どうぞ安らかに。
ご冥福をお祈りいたします。
by kuwachan (2011-08-10 00:37) 

まる

ponnta1351さん
いえいえ、そんな内容のコメントをponnta1351さんからいただくとは
驚きましたー
ponnta1351さんの生き方こそお手本ですよっ
そのときは、そのときを迎えてみないとわかりませんものね。
コメントありがとうございました!


by まる (2011-08-11 08:43) 

まる

kuwachan さん
こんにちは、コメントありがとうございます!
いっこさんとは面識は一度もないのですが勇気をたくさんもらいました。
私も同じ立場になったら同じように生きられるか自信はありませんが
たくさんの情熱をもって生きようと思いました。
美味しいもの食べたり、キレイなものを見たり、映画見て感動したり、
当たり前のことが実はとても幸せなのだと気づかされました、ホント。
by まる (2011-08-11 11:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

2009年2月11日に我が家にやってきたシナモン文鳥のもんちゃん(♀)と、ときどき先代文鳥ぴーちゃん。と、ぶーさん(旦那:もんちゃんを持つ、手での出演)と私(まる)。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。