So-net無料ブログ作成

もんちゃんの足 [もんちゃん]

このブログでは記事にはしてなかったのですが
去年の秋ごろから、もんちゃんの右足首あたりに水ぶくれ?のようなものが出来てました。
足のちょっとめくれたところをカプカプ噛んで怪我したかな?と思い
痛がる様子もなく至って元気なので、しばらく様子を見ていたのです。

ところが新年明けても治る様子を見せないので、
この土曜日に近くの小鳥も診られる病院へ連れて行きました。

腫瘍を針で刺して取った細胞を顕微鏡で診断をする細胞診と
レントゲンを撮ってもらい診察を待ちました。
小鳥にもレントゲンあるんですよー・・・

顕微鏡の画像を拡大した画面を指しながら先生一言、
「悪性ですね」

もうビックリでした。

細胞がサイズ不ぞろいで写っていること自体が異常なことなのだそうです。
また、細胞内に二つも核が見える箇所があったのですが
それ自体も悪性と診断するに値する現象だったようです。

幸いなことに、レントゲンには何の影も映っていないので
「まだ転移はしていません」ということ。
ただ進行性であること、薬もなく治療法もほとんど無いことなど告げられました。

私もぶーさんも、想像もしなかった告知に驚いて、
しばらくは、足以外は元気なもんちゃんを見ながら呆然とするばかり・・・

もんちゃん

10年は一緒に暮らそうと、
老鳥になって白内障になったり筋肉が落ちて飛べなくなっても喜んで介護するつもりで
そのために、人間の不注意で落鳥させないように、
先代のぴーちゃんのように、人間に恋して卵を詰まらせたりしないように
発情にも注意をしながら丁寧に暮らしてきたつもりでしたが

あんよに勝手に住み着いた悪いやつが
これから、可愛いもんちゃんの小さな体を蝕んでいくのかと思うと、
もんちゃんを見ているだけで涙が流れてしまうのです。
折りしも、4歳になったばかりの青天の霹靂。

実は、先代ぴーちゃんが最期にかかった病院は福岡でも珍しい鳥専門の病院で、
卵詰まりのぴーちゃんを救ってあげることが出来なかったこともあって
それは仕方のないことだと分かっていても、
気持ち的にこの病院に足が向かなかったのですが、
今回、セカンドオピニオンを聞きに、この病院に戻ろうと思います。

鳥専門だけに臨床数が圧倒的に違うだろうし
本当に治療も薬も無いのか。

もんちゃん

鳥さんはとかく、わんこやにゃんこのついでのように捉えられがちですが
愛情を持って飼えば
飼い主と心が通う家族になります。
名前を呼べば返事をし、甘えてみたり愛想を振りまいたり、無視をすれば怒ったり
とっても感情豊かないきものです。

もともと、もんちゃんの飼育備忘録として始めたブログなので
今回のことを書かないわけにはいきませんでした。
悔いの残らない闘病をしたいと思います。

でもね、本鳥がとても元気なので、
にわかに信じられない自分たちがいます。
悪性だなんて誤診じゃないかなーって。
nice!(24)  コメント(30)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 24

コメント 30

pomomepe

鳥にも腫瘍ができる事があるんですね。
驚きです。
実家にインコが居たのですが、
昨年、不注意で逃げてしまいました。
落胆していた母ですが、そろそろ2代目をとも思っています。
その時には、鳥の病気にも気をつけようと思いました。
もんちゃんが、少しでも元気に、楽しき生活できる事を祈っています。
by pomomepe (2013-01-21 02:24) 

song4u

びっくり!!
自然に出来たんなら、自然に消滅して欲しいけどねえ。
悔いの残らない闘病・・・
頑張ってくださいね。ここでの応援しか出来ないけど、
応援だけはみんなで力を合わせます!
by song4u (2013-01-21 06:08) 

ぶぶ母

昨夜ツイッターからこちらへ流れてきて、
読み終わって何だかボー然としたままお風呂に入りました。
ツヤツヤブロンドヘアのもんちゃんのあんよが。
びっくりしました、文鳥にもそのようなことがあるのですね。

誤診であってほしいです…。
そしてもんちゃんには、あらゆる状況に備えて
しっかり食べて体力つけておいてほしいです。
同じシナモン飼いですから、どうも他人事とは思えなくて。
応援しています。


by ぶぶ母 (2013-01-21 10:56) 

ミモザ

こんばんは!
まるさんご夫婦がどれほどもんちゃんを愛していらっしゃるか
知っているだけに青天の霹靂でした。
信じたくありませんし信じられません。
どうか誤診でありますように祈っています。
お辛いでしょうが、どうかもんちゃんを守ってあげて下さい(__)
by ミモザ (2013-01-21 17:05) 

博多通りもん

急な事で驚いています。
シナモン文鳥は寿命が長いとまるさんの
ブログで知ったので突然過ぎて・・・
獣医さんも絶対ではないので(経験上)
信頼のできる他の獣医さんに診てもらいわないと
いてもたっても居られませんね。
by 博多通りもん (2013-01-21 19:29) 

獏

驚いています
もんちゃんに実際には会ったことがないのに
いつもこちらで豊かな表情に癒されていて・・・
少し涙が出ます。。。
どうか誤診でありますように。。。


by 獏 (2013-01-21 19:57) 

下総弾正くま

何と申し上げていいのか…ちょっと言葉が出ません…。
by 下総弾正くま (2013-01-21 21:19) 

にゃんこ先生

いやだ!誤診ですって!!ヤダ…
by にゃんこ先生 (2013-01-21 23:56) 

風のリボン

まるさん
お久しぶりです。いつもご訪問有難うございます。
何を書いていいのやら・・・戸惑っていますが、
治療法がないなんて、絶対あり得ませんっ!
悪性腫瘍が知らない間に消えてしまった人間だっていますし、
どうか希望をもって下さい!!!
うちのムシオ共々心から祈っています。
by 風のリボン (2013-01-22 00:25) 

みかん

はじめまして。我が家にも文鳥がいますので
たまに拝見していました。
小鳥も診られるではなく 小鳥を診られる病院で
もう一度検査してもらって、最初の診断が
誤診であってほしいと思います。
by みかん (2013-01-22 10:07) 

メロディー

こんにちは。
ビックリしました・・・。

そんな病気があるなんて・・・。
間違いだった。。というご報告になることを祈っております。
by メロディー (2013-01-22 15:34) 

美和

 もんちゃん、もんちゃんの瞳&羽の色に憧れて、私も昨年末に2羽のシナモン文鳥の雛をお迎えしたばかりです。

 絶対誤診だと信じたいし、ちゃんと元の生活に戻れますよう祈るばかりです。言葉が見つからずにごめんなさい‥
by 美和 (2013-01-22 18:36) 

ponnta1351

もんちゃん、そうだったんですか。心配ですね。
今の状態で終息して欲しいです。物言えぬ動物は健気なだけに心が痛いです。
以前飼っていたインコのピーちゃんを思い出します。止まり木に何度も止まらせようとしても落鳥して獣医さんに落鳥したら、もうダメですなんて言われました。それでも水浴びを要求するほど元気になったんですよ。
結局6年数ヶ月で亡くなりましたけど、どうぞ気を落とさずに精一杯今まで通り可愛がってあげてください。
小鳥だってワンコやにゃんこと同じ命ですよ。
奇跡が起きることを願っています。お大事にね。

by ponnta1351 (2013-01-22 20:38) 

あびまま

文鳥の足に悪性腫瘍が出来るなんて
小さい体なのに、、、(>_<)
ご主人の手のひらでウットリする様子は
もう家族其の物、心中お察し致します。
もんちゃんが元気だという事でちょっとだけ
安心しましたが、よう方向に進むことを
お祈りいたします。

by あびまま (2013-01-23 01:33) 

セサミ

はじめまして。

病気とか、怪我は本当に心配になりますね。
元気になるといいですね。
by セサミ (2013-01-23 19:41) 

まる

皆様、あたたかい言葉ありがとうございます!
飼い主はすっかり立ち直り、
いかに長生きさせるかに尽力します。

pomomepeさん
はじめまして、コメントありがとうございます!
頭や羽に腫瘍ができるのは知っていたのですが
まさか足にできるなんて・・・しかも悪性が。。。私もとてもビックリしました。
インコさんもとっても慣れるし、おしゃべりするので愛情もひとしおで、
お母様そうとう落胆されたことでしょう・・・
かわいいインコさんとご縁がありますように。
by まる (2013-01-24 19:35) 

まる

song4uさん
ありがとうございます!
ほんと、飼い主も心底ビックリしました。
まさか悪性腫瘍が、まさか足に・・。今はすっかり前向きに捉えています。
応援ビンビン受け取りました!ありがたい気持ちでいっぱいです。
by まる (2013-01-24 19:36) 

まる

ぶぶ母さん
Twitterではいつもお世話になってますー。
ぶん太ちゃんぶん子ちゃんの可愛い写真、ほっこりしています。
なんだかほんと、ぶぶ母さんにも呆然とさせてしまって・・・TT
文鳥の足のハバキは聞いてましたが、まさか腫瘍が
しかも悪性だなんて、知りもしないことでビックリでした。
今は、土曜日にいく病院で、単なる「おでき」みたいなもんだと
言ってもらえることを期待しつつ・・・
今回の冬は、幸いなことに換羽がなかったので、
免疫が落ちずにすんだのかと思っています。
ほんと「しっかり食べて体力つけて」、ですね。
病状報告しますね、ぜひ見守ってくださいませー。
by まる (2013-01-24 19:57) 

まる

ミモザさん
おはようございます!
毎日もんちゃんのお世話から始まる朝→帰宅後べったりという
生活リズムで、すっかり日々の中に溶け込んでいるもんちゃんなので
いなくなるかもという事実を突きつけられてドッキリしました。。
小鳥の足の悪性腫瘍なんて聞いたことがないし・・・ほんと
誤診であることを祈るばかりです。
ミモザさんもお辛い中なのに、いつも温かい言葉をいただき、
心から感謝をお伝えしたいです。
by まる (2013-01-25 09:37) 

まる

博多通りもんさん
なかなか全幅の信頼をおける獣医さんって見つからないですね(´д⊂)
ハムスターを診れる獣医さんもなかなかいないだろうし。。
でも、最終的には飼い主の判断で決定することも多いから
後悔のないようにしたいですね。。
シナモンは遺伝子的に弱いとは聞いたことありますが
本当に、長生きしてる子はたくさんいるんですよ。
by まる (2013-01-25 09:54) 

まる

獏さん
いつもありがとうございます!メッセージいただいて一体
どんだけ時間たってるのか・・・笑汗
一緒に悲しんでいただいてありがとうございます。
でも、頑張りますよ~、何だか本鳥が元気なので
頑張るといっても不思議な感じですが・・・
ぜひ見守ってくださいませ。
by まる (2013-01-28 00:02) 

まる

下総弾正くまさん
ご心配かけてしまいすみません。
もんちゃんの自然治癒力を信じたいと思います。
by まる (2013-01-28 00:03) 

まる

にゃんこ先生さん
あまりに突然のことで、私も診察後は混乱してしまい
どうしよう、どうしようと途方に暮れてしまいました。
驚かせてごめんなさい、でも今は大丈夫です!

by まる (2013-01-28 00:21) 

まる

風のリボンさん
こんばんは、コメントありがとうございます。
こちらこそお久しぶりですー。
12月のパリ旅行!冬のパリもほんと素敵!街角のショットはどれも絵画のようですー
ムシオさんもお元気そうでなにより♪♪
今回のもんちゃんの突然の病気で困惑させてしまって・・・。。
でも、最終的には本鳥の生きる力が大きく作用すると思うのです。
風のリボンさんとムシオさんの応援いただき、頑張ります~!
by まる (2013-01-28 00:43) 

まる

みかんさん
はじめまして、コメントいただいてからかなりの日にちがたってしまい
すみません^^; 心強いメッセージ、ありがとうございます。
雛換羽中の可愛らしい白文鳥さんがいらっしゃいますね☆
懐くと愛情いっぱい、わがままだけど暴君なところも愛らしい小鳥ですよね。
一日でも長くもんちゃんといられるよう、頑張りたいと思います。
これからもよろしくお願いいたします!
by まる (2013-01-28 00:47) 

まる

メロディーさん
ビックリさせてしまいすみません・・・
私たちも、いつまでも腫れが引かないなぁ~。くらいの軽い気持ちで
受診したものですから、突然のことにパニックになりそうでした。
もんちゃんが元気なのが救いです。
すべての判断は飼い主しか出来ませんから、
すべてにおいて悔いが残らないようにしたいです。
by まる (2013-01-28 00:49) 

まる

美和さん
はじめまして。
もんちゃんに憧れて・・・?(〃ノдノ)
このブログをやっててそんな風におっしゃっていただいたのは
初めてでした。美和さんとこの雛ちゃん、今可愛い盛りですよね。
もしブログをされることがあれば、アドレスを教えてくださいませー
腫瘍のこと、驚かせてしまいすみません。
今はとっても元気なもんちゃんなのでご安心ください。
ぜひまた遊びに来てくださいね!
by まる (2013-01-28 00:57) 

まる

ponnta1351さん
励まし、ありがとうございます!
可愛い命、できるだけ一日でも長くいれるようにがんばります!
獣医さんがそう言っても、ピーちゃんも水浴びできるようになったし
人間が決め付けてはいけないのですよね。
もんちゃんの生きる力を信じて、一緒に過ごします。
by まる (2013-01-28 01:03) 

まる

あびままさん
ほんと、こんな小さな体に、しかも足に腫瘍が出来るとは
飼い主も驚き・・・
生活の中にもんちゃんがガッツリ入っているので
いなくなる生活は想像できず、
なんとか長生きさせてあげたいと愛情たっぷりあげたいと
思うばかりです・・。
by まる (2013-01-28 01:07) 

まる

セサミさん
はじめまして!コメントありがとうございます。
文鳥さんから「痛い」とか「調子悪い」とか
言葉が聞ければいいんですが、ギリギリまで耐えちゃいますもんね。。
腫瘍、知らない間になくなってしまえばいいのに・・・。
ブログ、お邪魔しました♪
まん丸お目目の可愛い子が2羽^^ 写真が素敵で見入っちゃいました。
これからもよろしくお願いいたします!
by まる (2013-01-28 01:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

2009年2月11日に我が家にやってきたシナモン文鳥のもんちゃん(♀)と、ときどき先代文鳥ぴーちゃん。と、ぶーさん(旦那:もんちゃんを持つ、手での出演)と私(まる)。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。