So-net無料ブログ作成
検索選択

京都へ行ってきました その(1) [コロプラの旅]

この冬一番の発情期を迎えて、人が恋しくてきゅーきゅー鳴くもんちゃんの
切ない声に後ろ髪を引かれながら、クリスマス前3連休を利用して
京都へ行ってきました。

坂本龍馬ゆかりの地を巡りたいという希望が龍馬伝以来ずっとあって
ずっと京都に行きたいと思っていました。

古都京都。
今回はテーマを絞ったからこそ2泊3日で廻れましたが、
本当に見どころいっぱいで、じっくり見るなら1週間でも足りるでしょうか。

寺田屋
まずは、「寺田屋」へ。
未だ龍馬人気は衰えず、観光客がたくさんいました。

寺田屋
龍馬が獄中の武市半平太へ送った便りだそうな。
すごい達筆。

とここまで書いたところで、寺田屋のWikipediaを読んで愕然。

黄桜
土佐藩邸
寺田屋のあとは、伏見の酒蔵の町並みを散策して、
酒蔵直営のお店でお腹を満たしたところで、
龍馬と中岡慎太郎が眠る京都霊山護國神社へ。

舞妓さん
途中出会った舞妓さんの後姿・・

霊山護國神社
京都の町並みが一望できる高い場所にお墓がありました。

神社の隣にある、幕末維新ミュージアム「霊山歴史館」は
軽く流し見る程度に思っていたのですが
実際はなかなかディープな展示内容で、
近江屋で龍馬を斬った刀や新撰組の近藤勇が着ていた鎖帷子などなど
幕末・明治維新期の資料が盛りだくさん。
予定滞在時間を大幅にオーバーしてしまい、その後の行動が駆け足になってしまいました。

二条城
閉館間際に二条城到着。
大政奉還が行われたリアルポイント。
うーん、時代が150年さかのぼれば、庶民はこんな場所に入れないものを。

二条城
二条城とぶーさんの背中

京都タワー
京都の夜はクリスマスのせいか、カップルだらけでした

▽2泊3日のお留守番文鳥
もんちゃん
目があったり、名前を呼んだだけで尻尾を振る乙女[ふらふら]
(文鳥のメスの発情のサイン)

もんちゃん
ふっくら正面顔。

---

今年の更新はこれで終了。
明日、ぶーさんの実家へ帰省します。
来年も皆様にとって良い年になりますよう。
良いお正月をお迎えくださいねー[ぴかぴか(新しい)]

年明け、京都その(2)。あるかな?
nice!(22)  コメント(23)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

大寧寺とお酒の学校卒業 [日常]

ブログをお休みしていた間に、色々と書きたいネタや出来事はあったので、
思い出しがてら、ぼちぼちと更新します。

今年の秋は、ぶーさんとぶーさんの両親と
山口県長門市大寧寺で紅葉狩りを楽しみました。
開創は1410年。室町時代までこの地を連綿として支配していた大内氏は
この寺で自刃してお家断絶したそうです。
そんなことまったく知らずに、紅葉の名所ということで訪れました。
スマホのカメラ撮影してますので、ちょっと荒れてまーす

大寧寺
去る11/11に訪れました。渓流が流れ野趣溢れる境内でした。
肝心の本堂を一切写しておりません(-ω-)

大寧寺
境内の羅漢像は江戸初期のころのものらしいです

大寧寺
しとしと雨の中の紅葉狩りも風情がありました

ご当地サイダー
この地のご当地サイダーは、果汁3%の夏みかん味でした。

----
さて、先日、無事全6回講座のお酒の学校を卒業し、
めでたく「福酒撫子」となりました[かわいい]

日本酒、いろいろ飲ませてもらってホントに大好きになりました。
これからもたくさん飲んで、自分に合う味を探したいと思います。
そうそう、意外だったのが、日本酒に辛口は望むな、ということ。
そもそも、日本酒は米麹の働きで米が糖化されるのであって甘いのが基本。
とある蔵元さんは「日本酒のツウを語る人ほど、辛口が好みだと言う」とか
「辛口が飲みたければ日本酒じゃないものを選べばいい」とまでおっしゃっておられました。

コチラ、認定証の裏の「お酒の学校 卒業生五ケ条」
お酒の学校 卒業生五ケ条

知ってる限りのうんちくを語りたいと思います(笑)

▽正面顔
もんちゃん
葉っぱを食べて、クチバシが緑色に汚れています。
こうなってるのを見ると、文鳥飼い主はたいてい
「あらー、ちゃんと葉っぱ食べたのー、エライねー[揺れるハート]」って言います。
nice!(25)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

神楽奉納を見学してきました! [日常]

皆さま、大変ご無沙汰しております。
「この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。」が出てるっ!(°д°)
ヤバイ、ヤバイ。広告消そっと思って、職場からこっそりアップ(´∀`)ノシ

何やらバタバタとしております。
もんちゃん、おかげさまで元気です。

もんちゃん
寝てる写真ばかり撮れるの(´・ω・`)

↑文鳥マニアとしては、ちょこっとはみ出てる爪が萌えポイントです。

最近のMy出来事としては、またまたお友達が代表をしているNPOのバスツアー
アテンドとして参加したことでしょうか。

豊前市ってご存知でしょうか?
北九州市と大分県日田市に挟まれた、修験道文化が色濃く残る地域で
バスツアーでは総勢43名の参加者の方々とお出かけしてきました。
五穀豊穣や無病息災を願って神楽奉納を見学しましたよー。
この地域の神楽は総称して「京築神楽」と呼ぶそうです。
こんな近くで神楽を見たのは初めてで結構テンション上がりました[グッド(上向き矢印)]

三毛門神社
三毛門(みけかど)という地域にある春日神社 秋季大祭

三毛門神楽
道神楽
道神楽といって、神社の前の道で行われる演目。
結界がなくて、沿道のお客さんとも触れ合う触れ合う。

もんちゃん
おかえり。楽しかった?

※前記事ではコメントお返しできなくてごめんなさい[あせあせ(飛び散る汗)]
タグ:三毛門神楽
nice!(21)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2009年2月11日に我が家にやってきたシナモン文鳥のもんちゃん(♀)と、ときどき先代文鳥ぴーちゃん。と、ぶーさん(旦那:もんちゃんを持つ、手での出演)と私(まる)。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。