So-net無料ブログ作成
検索選択

再診 [もんちゃん]

ご心配いただいていますもんちゃんですが、
この土曜日にもう一つの病院へ行ってきました。

診察の結果は、
「○○病院の先生がそう言うならそう(悪性腫瘍)なんでしょう」
でした。
鳥ははっきり診断もつけられないので、深く考えず炎症止めを飲ませて
腫瘍が消えればラッキーくらいの考えでいいんじゃないかとも言われて
何だか釈然としないのですが、抗炎症のお薬とビタミン剤をもらって帰ってきました。

先に別の病院にかかっていることを伝えてしまったのがいけなかったのでしょうか。
今は犬や猫も受け入れる総合的な動物病院になっていますが
もともとは鳥専門だったはずなのに・・・と思ったり、まぁここまでにしますが。


どちらにしろ、獣医さんがどういう診断を下しても、
どうするかは飼い主にしか決められないし
今の段階でまさかもんちゃんの脚を切るわけにもいかないので
変化を見逃さないようじっくり様子を見ながら、
もんちゃんには体力をつけてもらおうと思います。

お友達からは、お薬はかえって体を弱めることもあるというアドバイスももらって、
そういえば、人間だって病院で薬を処方されてもあくまでも対症療法であって、
結果として別の臓器を悪くしてしまう例も身近にたくさん見てきてるので
本来もんちゃんが持ってる野性の治癒力を逆に弱めることがあってはいけないと
思うわけです・・・

そんなもんちゃん、
もんちゃん
飼い主の気苦労をよそに、こんな可愛いキョトン顔で

ぶーさんが「もんちゃん」と名前を呼ぶと
もんちゃん
「なぁに?」って感じで声のするほうを向くんですよ

もんちゃん
ま、すぐ寝るんですけど

面白いのでもう一回名前を呼ぶと
もんちゃん
のけぞるほど上を見なくても[わーい(嬉しい顔)]

もんちゃん
子犬のようなキューキュー鳴きで、飼い主をキュンとさせるもんちゃんです・・

---

「みさおとふくまる」という写真集を買いました

みさおとふくまる
みさおおばあちゃんと猫のふくまる。
8年前、おばあちゃんは家の納屋で仔猫だったふくまると出会ったそうです。
そんな2人の何気ない日常を切り取った、写真家のお孫さんによる写真集なのだけど、
田舎の情景とあいまって仲良しの2人が心に浸みます。

みさおとふくまる
ただ淡々といつもと変わらず過ごしている二人を写しているだけなのに

みさおとふくまる
みさおとふくまる

みさおとふくまる
大切なかけがえのない日々を感じて
じ~んとしちゃうのです・・

もんちゃんとフェルト文鳥さん [もんちゃん]

たくさんの励ましの言葉、ありがとうございます!
もんちゃんにちゃんと伝えました。とても心強いです。
お返事ちょっとずつですが必ずいたします。

今度の土曜日に別の病院に診察へ行ってきます。
ホント、誤診なら一番嬉しいのですが、
そうじゃなかったとしても、何としても生き延びる方法を探ります。
そう決めたら、もんちゃんを見てるだけで涙が出る状況はなくなり、
むしろ気合[パンチ]が入っています。

このブログは文鳥飼いさんも見ておられると思いますので、
参考になるかもと、これからの病状の様子も報告しますね。

下の写真は今月3日の右脚の様子。
脚を撮るつもりで撮ったわけではなかったので分かりにくいのですが
足首の上が赤いの分かりますか?
もんちゃん

---

昨年末、クピピ工房さんからこんな可愛いフェルトの文鳥さんをお迎えしました。
フェルト文鳥さん

作家さん(GOEさん)が一羽一羽ちくちくと手作りされています。
もんちゃんと先代ぴーちゃんをブログでご存知で
似た子を送ってくださいました(*´∀`*)

1羽がちょうど手のひらに乗るサイズ。
「どうかな?似てるかな?」てな感じでもんちゃんと並べて撮りたかったのですが
本鳥怖がって近寄らず、こんな感じで遠巻きに見てました(笑)

もんちゃん

もんちゃん
頑張ろうね、もんちゃん

もんちゃんの足 [もんちゃん]

このブログでは記事にはしてなかったのですが
去年の秋ごろから、もんちゃんの右足首あたりに水ぶくれ?のようなものが出来てました。
足のちょっとめくれたところをカプカプ噛んで怪我したかな?と思い
痛がる様子もなく至って元気なので、しばらく様子を見ていたのです。

ところが新年明けても治る様子を見せないので、
この土曜日に近くの小鳥も診られる病院へ連れて行きました。

腫瘍を針で刺して取った細胞を顕微鏡で診断をする細胞診と
レントゲンを撮ってもらい診察を待ちました。
小鳥にもレントゲンあるんですよー・・・

顕微鏡の画像を拡大した画面を指しながら先生一言、
「悪性ですね」

もうビックリでした。

細胞がサイズ不ぞろいで写っていること自体が異常なことなのだそうです。
また、細胞内に二つも核が見える箇所があったのですが
それ自体も悪性と診断するに値する現象だったようです。

幸いなことに、レントゲンには何の影も映っていないので
「まだ転移はしていません」ということ。
ただ進行性であること、薬もなく治療法もほとんど無いことなど告げられました。

私もぶーさんも、想像もしなかった告知に驚いて、
しばらくは、足以外は元気なもんちゃんを見ながら呆然とするばかり・・・

もんちゃん

10年は一緒に暮らそうと、
老鳥になって白内障になったり筋肉が落ちて飛べなくなっても喜んで介護するつもりで
そのために、人間の不注意で落鳥させないように、
先代のぴーちゃんのように、人間に恋して卵を詰まらせたりしないように
発情にも注意をしながら丁寧に暮らしてきたつもりでしたが

あんよに勝手に住み着いた悪いやつが
これから、可愛いもんちゃんの小さな体を蝕んでいくのかと思うと、
もんちゃんを見ているだけで涙が流れてしまうのです。
折りしも、4歳になったばかりの青天の霹靂。

実は、先代ぴーちゃんが最期にかかった病院は福岡でも珍しい鳥専門の病院で、
卵詰まりのぴーちゃんを救ってあげることが出来なかったこともあって
それは仕方のないことだと分かっていても、
気持ち的にこの病院に足が向かなかったのですが、
今回、セカンドオピニオンを聞きに、この病院に戻ろうと思います。

鳥専門だけに臨床数が圧倒的に違うだろうし
本当に治療も薬も無いのか。

もんちゃん

鳥さんはとかく、わんこやにゃんこのついでのように捉えられがちですが
愛情を持って飼えば
飼い主と心が通う家族になります。
名前を呼べば返事をし、甘えてみたり愛想を振りまいたり、無視をすれば怒ったり
とっても感情豊かないきものです。

もともと、もんちゃんの飼育備忘録として始めたブログなので
今回のことを書かないわけにはいきませんでした。
悔いの残らない闘病をしたいと思います。

でもね、本鳥がとても元気なので、
にわかに信じられない自分たちがいます。
悪性だなんて誤診じゃないかなーって。

京都へ行ってきました その(2) [コロプラの旅]

明けましておめでとうございます。

昨年はかなり更新も訪問も失速ぎみでしたが
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

☆:;;:・:;;:・:;;:・:;;:・:;;:☆:;;:・:;;:・:;;:・:;;:・:;;:☆:;;:・:;;:・:;;:・:;;:・:;;:

京都旅行のもう一つのテーマは、「陰陽師」。
野村萬斎さん主演の「陰陽師」、岡野玲子さん(漫画家)の「陰陽師」に
いっときハマってたこともあって、どうしても行きたい場所が。

晴明神社
京都・一條戻橋。
平安時代の陰陽師「安倍晴明公」をお祀りする晴明神社。
究極のパワースポットとしての呼び名も高いそう。

晴明神社
「晴明井」
晴明が念力で湧かせ、病気平癒のご利益があるという水

清明神社
「五芒星」
陰陽道における強力な“魔よけ”のマーク
平安時代に☆マークだなんて斬新・・・

晴明神社
晴明神社
晴明神社
境内のあちこちに五芒星が。
一番上の写真は厄除けの桃。
自分の忌々しいものを桃に撫で付けることで(山口弁で「ぬすくる」ともいう)、
厄除けになるそう。

晴明神社は晴明の住居跡でもあって、
自らを京都御所の鬼門の方角に置くことで
鬼の侵入を防ぐ役目を果たし御所を守護したそうな。
すべては陰陽五行説に従って配置されているんですねぇ。

陰陽五行といえば、平安京は遷都される際に風水が取り入れられ、
京の東西南北の山や川を、東西南北の四方を守護するとされる聖獣
青龍(東)、白虎(西)、朱雀(南)、玄武(北)に見立てて造営されたというから
四神相応の気の流れを何となく意識しながら京の町並みを歩くのもオツなものでした。

平安京の範囲からは外れてますが、
京阪電鉄「伏見桃山」駅近くの「京町通り」
雰囲気の良い料亭などが並ぶ一角に・・
鳥羽伏見戦の弾痕
鳥羽伏見戦の弾痕跡だそうです。
明治維新後、幕府軍と薩長土連合の新政府軍が戦った戦乱で
伏見の町の南半分が戦災焼失、街は焼け野原となったなかで
この建物は弾痕のみの被害で焼失を免れたそうです。

1200年もの歴史の中で、様々な時代の彩を色濃く残す京都、
うーん、本当に奥深い町です。
今度は違うテーマでまた来よう。

あっ、でもまだその(3)があるかも。

▽晴明神社で「向上守」を買いました
向上守
右肩上がりだそうで・・。なんかすごくパワーがありそうで。

▽新春初撫で奉仕
もんちゃん
気持ち良さそう・・・

もんちゃん
相変わらず、ボーっとしてますが今年もよろしくお願いします・・・

2009年2月11日に我が家にやってきたシナモン文鳥のもんちゃん(♀)と、ときどき先代文鳥ぴーちゃん。と、ぶーさん(旦那:もんちゃんを持つ、手での出演)と私(まる)。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。