So-net無料ブログ作成
検索選択
ぴーちゃん ブログトップ

疑惑 [ぴーちゃん]

今日はもんちゃんを早めに寝かしつけてしまい写真もネタもないので
先代の桜文鳥ぴーちゃんを回顧します。

ぴーちゃん
この子も手のひらが大好きな女の子でした

ぴーちゃん
両頬とアゴの3点マッサージが大好きで。

ぴーちゃん
なんですか?

どの写真のときも、まだ性別がわかってなかったというか、
小鳥店のおじさんは「ぜったいオスだ」というし、
そのわりには歌わないし、
かといって、メスの特徴である尻尾フリフリもしなかったので

もしかして両性具有??

とマジで心配したおバカな飼い主だったのでした(;´ω`)

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
参加しています♪
nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

マッサージ大好き [ぴーちゃん]

ベタベタの手乗り文鳥だった先代ぴーちゃんは、
もんちゃんと同じく、耳の下がツボだったので
両頬マッサージを受けるとうっとりしておりました。

もーどうにでもして、って感じになっています(笑)


可愛くて賢い子でした。

ぴーちゃん
ひなひなの頃

ぴーちゃん

ぴーちゃん

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
参加しています♪
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

先代の桜文鳥ぴーちゃんのこと [ぴーちゃん]

2007年に、弟の家からやってきた、桜文鳥のぴーちゃん。
弟多忙のため、お世話が出来ないから、と一時預かりのつもりだったのが
そのまま我が家で一生過ごすことになりました。

「オス。ペットショップおじさんも、オスって言った」という弟の言葉で
しばらくオスだと思っていたのですが、
文鳥のオスなら、生後3ヶ月もすれば、求愛ソングを歌ったり踊ったりするはずなのに
なかなかそんな行動もなく。

オスなのかメスなのか、うちにやってきて1年間半は分からない状態でした。

病気という病気は一切しなかった、とっても健康なぴーちゃんでした。
甘えん坊で、人間が大好きで、誰にでも手に乗って遊んでいました。

文鳥さんを、可愛くて仕方ないと思えるキッカケとなった子です。
動物全般が得意でなかった、ぶーさん(旦那)を、めろめろにさせてしまった小鳥さんです。

今、お空にいるのかなぁ?
生まれ変わって、どこかのおうちで可愛がってもらっているといいなぁ。

ぴーちゃん

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村

ぴーちゃん ブログトップ

2009年2月11日に我が家にやってきたシナモン文鳥のもんちゃん(♀)と、ときどき先代文鳥ぴーちゃん。と、ぶーさん(旦那:もんちゃんを持つ、手での出演)と私(まる)。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。